Loading
loading..

WEBスキルを自社で保持、育成するメリット

 2014年10月08日 IT教育 somosomo
WEBスキルを自社で育成するべき


WEB・IT関連は経営に直結するため、自社で運用できるようにした方がいいと思っています。
私はホームページを仕事にしていますが、ホームページは外注せず自社で内製すべきとも考えています(ホームページ制作は外注するな)。
 
 

WEBを外注せざるを得ない時の注意点

ただ、WEB・ITといった大きく難解な分野の全てを、自社で管理するには相当に体力が要ります。
内製ができなければ、外注するしかありません。

だれに!?

そう、WEBやITの知識がないと、だれに頼むかわからず、スキルのない業者や、ただ口車に乗せられて「〇〇コンサルタント」とか「〇〇ストラテジスト」みたいなカッコ良さ気な者と契約してしまいます。
 
 

WEBスキルは「見る目」でもある

外注先を見極めるためにも、WEBのスキルは自社に必要なのです。
特に、ITという分野は「よくわからないもの」となってしまっています。
そこを狙って「〇〇コンサルタント」とか「〇〇ストラテジスト」とかが、口八丁手八丁でお客さんを丸め込んでいるといった事例を良く耳にします。
そういった者に限ってスキルはなく、受注しておいて、ホームページ制作を全て外注していたりします。

ランサーズやクラウドワークスといったクラウドワーキングサイトのホームページ制作案件は、クライアント様の直依頼より、そういった代理業者の案件が多い気がします。
しかも、決まって安く発注しようとしています。
ちなみに、受注者側も代理業者が多いようです。

もちろん、優良な代理店も多いです。クライアントの意向をきちんと汲み取り、制作者の意見も無視しない、本当の意味での仲介的な役割を担っている業者様もたくさんいます。

問題はそういった代理店に混じって、ただ高額で受注して少額で発注するような業者がいることです。
そんな業者にぶつかってしまったら、とても不幸です。

そういったことを防ぐためにも、WEBやITの知識を自社で養成し、見る目を養う必要があるのです。


文系プログラミングスクール
HTML5認定試験対策講座

ホームページ制作、WEB集客、
IT・WEB担当者研修について
お気軽に無料相談へお越しください。

東京都内からも近い千葉県船橋市にて!!
お伺いすることも可能です(遠方除く)


無料相談申込み