Loading
loading..

検索エンジンが創る社会を生きるために

 2015年01月13日 IT教育

受験勉強の無意味化

年も明けて、受験シーズンに本格的に突入しますね。
受験とは、勉強に関するそもそもの脳味噌の向き不向きに左右されるものですが、結果が努力に比例するという側面も否定は出来ないです。
人によって差はあるので、勉強量は公平なものではないですが、誰でもやればできるものです。

ただ、覚えればいいから、です。

ひたすら反復して、教科書や参考書などから「試験範囲」に関する事柄を脳味噌の記憶領域に叩きこめばいいのです。
それが出来る人が優秀とされ、評価され、今後の人生にも大きく影響を与えます。

しかし、それはもう過去の時代の話です。

今の時代、人間の記憶力は昔ほど、重要ではなくなりました。

調べれば何でも出てくるからです。
世界中で蓄積される膨大な知識に、机の上どころか、手のひらの中からアクセスできるのです。
その知識量に比べれば、人間の脳味噌に記憶できる知識など、微々たるものです。
旧来の学校教育、受験勉強で得た「学歴」というものが、ほとんど意味を成さなくなったのです。

ITに関わる資格ですら、記憶力が重要なものがほとんどです。

記憶力だけで生きて行ける時代は終わりました。
多くの人間が、脳味噌の記憶力以上の知識を手に入れられるからです。
 
 

記憶力より検索力、情報リテラシー

そこで重要なのは、記憶よりも「検索し、情報を取捨選択するリテラシー」です。
情報を手に入れ、読み解き、取捨選択する力は、現行の学校教育で教えられるところはあまりありません。

自分にとっての有益な情報は、自分にしか分からないからです。

それを身につけるには、とにかくインターネットに触れるしかないと思います。
膨大な知識に、日常的にアクセスし、失敗を経験しながら、自分の中に基準を創るのです。
その失敗は、周囲の人間との関わりや内省でしか、わからないかもしれません。
 
 

人は信じたいものを信じる傾向がある

その情報リテラシーを身につける内省のための言葉を、一つ、ご紹介します。

「人は信じたいものを信じる傾向がある」です。

これは心理学的にも証明されています。
信じるに値するものを信じるのではなく、信じたいものを人は信じるのです。
これは、多く人が思い当たることがあると思います。
「楽して稼げる」とか「簡単に幸せになれる」とかのキーワードで、人を惹きつける怪しげな商品や宗教なんかも、この心理を利用しています。
インターネット上には、質の低い情報、人を騙そうとする情報も数多いです。それを見破る目がリテラシーとも言えます。
情報を見て、「自分が信じたいから信じていないか?」という内省は必須です。
 
 

検索力、そして創造力

プログラミングだろうと、何だろうと、検索力があれば、低コストで独りで物事を学ぶことが出来ます。
検索力が身につくように、日ごろから意識しましょう。
更に言えば、検索力を前提に、自ら何かを創りだす能力が重要となるでしょう。と言うか、既に重要です。
記憶することが必要な知識は、デジタル化され、コンピュータが実行します。
ルーティンワークやマニュアル化された行動は、全て機械が行います。
記憶力より、想像することが人間の役目になります。


文系プログラミングスクール
HTML5認定試験対策講座

ホームページ制作、WEB集客、
IT・WEB担当者研修について
お気軽に無料相談へお越しください。

東京都内からも近い千葉県船橋市にて!!
お伺いすることも可能です(遠方除く)


無料相談申込み