Loading
loading..

ホームページ制作は外注するな

 2014年10月06日 IT教育 somosomo
自社更新できるホームページ


ホームページ制作を仕事にしておいてなんですが、
ホームページは自社で制作し、管理するのが一番です。
(基幹システムなんかも、本来は自社で作り管理、更新していくのが一番です。)

 
 

IT,WEBは経営に直結する

会社の長期的な継続を望むのならば、IT部門、WEBページは他人に任せてはいけません。
IT施策は言うならば、事業の自動化です。
どの部分を自動化し、どの部分を人の手で行えば、一番コストが安いのかを考えるのは、経営者の役割です。
経営と直結した部分なのです。

言うなれば、ホームページは、広報や営業の自動化に繋がる部分です。

自社のこと、自社の商品を知っているのは、他ならぬ御社自身です。
そして、それをいち早く且つ適切に伝えることが出来るのは御社だけなのです。
それを可能にするのがホームページです。
ホームページは広報としての役割ではなく、仕事をもたらす営業マンです。
ホームページを適切に運用するだけで、大きなメリットを得られます。

 
 

ホームページの運用は自社で行うのが一番/h2>
しかし、情報発信、営業ツールとしてホームページを使うためには、イメージに合うように、そして更新したい時にすぐ更新できることが求められます。
それを他社任せにするのは大きなリスクが有ります。

ただ、現状では、全てを内製するのが難しかったり、そこまでリソースを割けなかったりします。
IT、WEB担当者を育てるのにも時間が掛かるし、どう育てていいかわからないという問題もあるでしょう。

だからこそ、ホームページ制作会社の存在意義があるのだと思います。
ただ私は、今後、ホームページ制作会社は、ホームページ制作だけではなく「WEB教育」の役割を担っていかないといけないと考えています。
お客様に、ただホームページを納品するだけでなく、運用や更新の仕方、更には「ホームページ制作の仕方」そのものを教えていくべきです。


文系プログラミングスクール
HTML5認定試験対策講座

ホームページ制作、WEB集客、
IT・WEB担当者研修について
お気軽に無料相談へお越しください。

東京都内からも近い千葉県船橋市にて!!
お伺いすることも可能です(遠方除く)


無料相談申込み